個人再生は裁判所に何回出頭するの?一度も出頭せずに手続きを進める方法

個人再生

個人再生は裁判所を介在させ借金を大幅に圧縮できる債務整理の1つとなります。

裁判所が介在する。と聞くと「裁判所への出頭が必要なのか?」「裁判などが開かれてしまうのか?」と不安に感じる人も多いことでしょう。

個人再生の場合、裁判所によって変動するものの、審尋(裁判官との面談)がありますので出頭は必要と言えます。また、出頭の回数は審尋での結果次第となりますので複数回出頭することもあります。

ただし、たった1つの方法を活用すれば、個人再生で1度も裁判所に出頭することなく手続きを終えることが可能になります。

そこで今回は、個人再生の手続きにおいて裁判所に出頭せずに済む方法について解説を行いたいと思います。

個人再生で裁判所に出頭する理由

個人再生の手続きを進める場合、審尋(しんじん)と呼ばれる裁判官との面談時は裁判所への出頭が必要になります。*裁判所によっては審尋がないケースもあります。

審尋では、申立書の内容の確認、収入の状況、返済可能性、借金の理由などについて問われることが多いと言えます。また、個人再生をする程、借金を抱えてしまった状況について感想(反省の有無)も聞かれる傾向にあります。

難しい内容を問われることはありませんが、平日に実施されることが多いため仕事中の人は、そもそも審尋に行くこと自体が難しいケースもあるでしょう。とは言え、仕事の都合程度ではスキップ出来ない実態がありますので調整必須です。

審尋の結果次第では複数回に及ぶケースもありますので、再生者の負担は重たいと言えます。

個人再生は弁護士に依頼すれば裁判所に一度も出頭しなくて済む

個人再生は、手続きの複雑さから弁護士または司法書士に手続きを代理することが一般的です。

この場合、司法書士は書類作成の代理業務だけしか担当できないのですが、弁護士は個人再生に関する全業務を担当することが可能になります。

個人再生における弁護士と司法書士の違い

項目 弁護士 司法書士
書類作成業務
裁判所とのやり取り ×
裁判所への出頭 ×
債務制限 制限なし 1社140万円未満
専門家報酬 40万円〜60万円 30万円〜40万円
再生委員報酬 15万円 25万円
個人再生合計費用 55万円〜75万円 55万円〜65万円

上記の通り、弁護士に個人再生の代理人になってもらうことで、審尋においても弁護士が代理出席することが可能になります。

司法書士は個人再生委員の報酬も加味すると、弁護士に依頼する場合と費用が変わらないことから、個人再生は弁護士に相談する方が得策と言えます。

個人再生委員との面談は発生する

個人再生で裁判所に出頭するのは審尋の時となりますが、個人再生委員との面談時は、裁判所ではなく個人再生委員の弁護士事務所に訪問する必要があります。

個人再生委員との面談は、個人再生の手続きを進めるべきか否かを判断するために、開始要件を満たしているか調査されることでしょう。

そのため、「個人再生委員との面談も弁護士に代理出席を依頼できないか?」と考えてしまいますが、再生委員との面談は本人が出席する必要があります。ただし、弁護士の同席は可能になりますので不安がある人は一緒に参加すると良いでしょう。

個人再生の詳しい条件は「個人再生の条件とは?該当する基準と種類から向いている人を解説」をご参照ください。

個人再生は弁護士に依頼すべき

上記の通り、個人再生で裁判所に出頭しない方法は弁護士に依頼することである。と言えます。従って、個人再生にいおては、司法書士ではなく弁護士に限定し探すことをおすすめします。

その際、個人再生は非常に手続きが複雑であることから、以下の6つの項目を満たす弁護士事務所を選定することが重要になります。

個人再生を得意にする弁護士事務所の選び方

ここでは、上記の6つの項目満たす個人再生に強い弁護士事務所を5社まで厳選してご紹介します。

1位.弁護士法人東京ロータス法律事務所

  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
  • 土日や夜間も無料相談に対応してくれる
  • 債務整理の料金は相場より低く後払いも可能
  • 匿名相談にもメールや電話で対応してくれる
  • 岡田代表弁護士が率先して対応をしてくれる
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 300,000円〜

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、「朝7時〜24時まで土日も含めて営業している点」や「全国に無料出張してくれる点」など利用者の利便性を追求した法律事務所であると言えます。

個人再生の料金は、着手金と報奨金が30万円ずつと相場並みの料金水準となりますが、後払いが可能になりますので初期費用が準備出来ない人でも個人再生を依頼することが可能になります。

また、全国に”無料”で出張対応を行なってくれるのですが、営業担当者ではなく弁護士が北海道から沖縄まで相談者の元に来てくれる点が非常に評価できます。

個人再生するしかない…」と思い込みをしていた債務者も、実はデメリットの少ない任意整理で解決できる可能性もありますし、時間の掛かる個人再生よりも自己破産で早々に借金を免責した方が良い。などの様々なアドバイスを親身になって対応してくれるでしょう。

昭和41年から債務整理を中心に弁護士業を続けられるのも信頼と実績があるからこそと言えます。信頼のおける弁護士として最もおすすめしたい1社となりますのでぜひ問い合わせをしてみましょう。

2位.名村法律事務所

  • 24時間メール相談を受け付けている
  • 契約するまでは何度でも相談が無料
  • 債務整理の料金がやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 200,000円〜

名村法律事務所は、東大法学部を卒業した名村弁護士が代表を務めており、この道25年の実績を有するベテラン弁護士事務所になります。

個人再生の料金は、着手金30万円〜、報奨金20万円〜とほぼ相場並みの価格設定になっております。支払い方法は分割払いに対応していることからお手元に現金がない人でも契約することが可能です。

もちろん、契約前の相談は無料で対応してくれますし、全国に出張対応もしてくれるのでお住いの地域に関係なく依頼ができるでしょう。

代表弁護士1名と4名の事務員で運営される同事務所は、決して大きな事務所とは言えませんが、土日も予約することで対面相談を受付してくれるなど柔軟性が高い点も非常に評価が出来ます。

3位.アース法律事務所

  • 債務整理の相談が3500件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
  • 元裁判官の弁護士が債務整理を対応
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 0円

アース法律事務所は、これまで3500件を超える債務整理を対応していることから、非常に実績豊富な弁護士事務所と言えます。

また、代表弁護士の河東氏は元裁判官であり民事調停委員も経験していることから債務整理においては「プロ中のプロ」と呼べる存在です。

さらに、個人再生の料金は着手金30万円〜となり減額報酬が発生しないため相場よりも安い価格で依頼が可能になります。

元々、個人再生を得意にする弁護士事務所であることから非常におすすめと言えますが、営業時間が平日に限定される点がネックとなります。

4位.弁護士法人サンク総合法律事務所

  • 月600件以上の債務整理の相談を対応
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 督促を相談後すぐに止めてくれる
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 400,000円〜
報奨金 100,000円〜

弁護士法人サンク総合法律事務所は「月600件も債務整理の相談を受け付けている」点が注目のポイントと言えます。

個人再生は複雑な手続きや裁判所とのやり取りが発生することから、様々なノウハウを有する専門家に依頼する方が有利になることは言うまでもありません。

その点、弁護士法人サンク総合法律事務所は月600件の相談に応じていることから実績やノウハウを心配する必要はないでしょう。

料金相場は着手金が40万円〜と相場よりもやや高い傾向にありますが、報奨金が10万円〜となりますので総費用では相場並みとなります。

また、相談受付は24時間365日対応をしてもらえますが、実際に対面相談が可能な時間は10時〜18時に限定される点がやや利便性に欠けると言えます。

ただし、夜間や土日も予約すれば対応はしてもらえますので大きなデメリットとは言えないでしょう。

それ以上に、弁護士法人サンク総合法律事務所に契約すると「”最短即日”で債権者からの督促を停止」してくれますので精神的に追い詰められている人には重宝される弁護士事務所になります。

5位.弁護士法人アドバンス

  • 契約締結まで何度相談しても完全無料
  • チャットで気軽に相談可能
  • 相場料金よりも安く明瞭会計
  • 丁寧親切な対応は非常に好感が持てる
  • 弁護士報酬が2万円を超える場合は分割可能
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 400,000円〜
報奨金 0円

弁護士法人アドバンスは「業界トップクラスの低料金水準に加え明瞭会計」という点が注目のポイントと言えます。

まず、相談料については任意整理の契約を締結するまでは何度相談しても完全無料になります。加えて、着手金が40万円発生するものの報奨金は0円である点がポイントになります。

また、弁護士事務所への問い合わせはメールや電話が一般的ではありますが、弁護士法人アドバンスでは「匿名チャット」で気軽に問い合わせすることができるのもポイントです。

こちらは24時間365日で対応をしてくれますので忙しい人にもおすすめができます。

匿名チャット後の電話相談では、説明も丁寧で分かりやすく利用者の不安を和らげる話し方である点に非常に好感が持てました。そのため、「初めて債務整理をする人」には非常におすすめと言えます。

契約までは料金も一切発生しませんので最初に問い合わせを行いたい弁護士事務所でしょう。

まとめ

個人再生で裁判所に出頭する回数について解説を行いました。

結論、弁護士に依頼することで裁判所に一度も出頭すること無く手続きを進めることが出来る。と言えます。ただし、裁判所によって変動する場合がありますのでその点はご注意ください。

今回ご紹介した5つの弁護士事務は、全て相談が無料となりますので、安心して問い合わせを頂ければと思います。

*実績:「◎」非常に豊富、「◯」豊富
*支払:「◎」後払い可能、「◯」分割払い可能

<<右にスクロールができます>>

順位 事務所 実績
支払 料金 営業時間
1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:30万円〜
午前7時~午後0時
土日対応可能
2位
名村法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:20万円〜
午前10時~午後6時
土日対応可能
3位
アース法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:0円
午前9時〜18時
土日休業
4位
弁護士法人サンク総合法律事務所

着手金:40万円〜
報奨金:10万円〜
午前10時~午後6時
土日対応可能
5位 弁護士法人アドバンス

着手金:40万円〜
報奨金:0円
午前9時~午後9時
土日対応可能

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断