個人再生の費用相場はいくら?弁護士と司法書士の料金を徹底比較

個人再生

個人再生を検討する際、やはり気になるのは費用と言えるでしょう。日々、借金の返済に悩まされている状況において、簡単に個人再生の費用を準備することは難しいと思います。

ただ1つ安心して頂きたいのは、個人再生を弁護士や司法書士に依頼しても、分割払いや後払いが可能な事務所が多いのです。加えて、借金減額後の返済と個人再生の専門家報酬の支払いは重複して発生しないことから高額な支出にはならない。という点です。

とは言え、「実際、個人再生を弁護士や司法書士に依頼した場合いくらの費用が掛かるのか?」気になるポイントだと思いますので、相場費用のご紹介と料金ランキングをご紹介したいと思います。

個人再生の費用相場

それでは早速、個人再生の費用相場をお伝えしたいと思いますが、個人再生の費用項目は「裁判所に支払う費用」「弁護士や司法書士に支払う費用」「住宅ローン特則を活用する場合の費用」の大きく3つが発生します。

それぞれの費用相場は以下の通りです。

個人再生の費用相場

裁判所に支払う費用
  • 申立て手数料(収入印紙):10,000円
  • 官報公告費用としての予納金:12,000円
  • 予納郵券(連絡のための郵便切手代):4,000円~8,000円程度
  • 個人再生委員に対する報酬(予納金):150,000円~250,000円
専門家に支払う費用
  • 300,000円〜600,000円(弁護士と司法書士で変動)
住宅ローン特則の費用
  • 100,000円

裁判所に支払う費用

裁判所に支払う費用は、弁護士や司法書士に支払う費用とは関係なく誰もが必ず支払う必要がある費用になります。弁護士や司法書士に依頼する場合は「実費」として、報酬とは別に支払いが発生するでしょう。

そして、裁判所に支払う費用の大部分を占めるのが個人再生委員の報酬になります。

個人再生委員とは、個人再生が適正に行われるように指導・監督することを主な業務として裁判所から選任されるのです。東京地方裁判所では全ての個人再生案件で選任され、その報酬額は、代理人弁護士がいる場合は15万円、債務者本人(司法書士に依頼した場合も含む)が申立てる場合は25万円が相場になっています。

裁判所によっては、個人再生委員が選任されない場合もありますが、その場合は費用が発生しません。

弁護士や司法書士の費用

個人再生を弁護士と司法書士に依頼すると「専門家報酬」が発生する訳ですが、この費用は上記の裁判所へ支払う実費に加算することになります。

弁護士に個人再生を依頼する場合は、全ての業務において代理人になることが出来るため、費用は少々高額となり40万円〜60万円が相場になっております。

一方で、司法書士に個人再生を依頼する場合は、書類の作成の代理しか出来ず、裁判所とのやり取りは債務者本人が行う必要があります。そのため、弁護士よりも費用は安くなり30万円〜40万円が相場となっております。

しかしながら、司法書士は個人再生委員の費用が弁護士よりも10万円ほど高くなります。実際に、弁護士と司法書士のどちらに個人再生を依頼した方がお得になるかは、本記事の下部で詳細をお伝えします。

住宅ローン特則を利用する場合の費用

個人再生のメリットの1つに、住宅を守りながら借金を大幅に減額出来る点が挙げられます。

住宅ローン特則(住宅資金貸付債権に関する特則)と呼ばれる特別条項により、住宅ローン以外の債務を減額することができるのです。

ただし、住宅ローン特則を活用するためには、さらに複雑な手続きが追加されることから、弁護士や司法書士に追加で10万円ほど費用を支払う必要があります。

逆に、住宅ローンを抱えていない場合は、住宅ローン特則の費用は発生しませんが、それであれば、自己破産をした方が早く安く手続きが終えることが可能になります。

従って、個人再生を活用する人の多くは住宅ローン特則を活用していると言えます。

弁護士と司法書士の費用を比較

さて、個人再生の費用相場をお伝えしてきましたが、実際に弁護士と司法書士のどちらに個人再生を依頼したら良いか?悩ましいポイントと言えるでしょう。

結論、個人再生は弁護士に依頼した方が良いと言えます。

個人再生における弁護士と司法書士の違い

項目 弁護士 司法書士
書類作成業務
裁判所とのやり取り ×
裁判所への出頭 ×
債務制限 制限なし 1社140万円未満
専門家報酬 40万円〜60万円 30万円〜40万円
再生委員報酬 15万円 25万円
個人再生合計費用 55万円〜75万円 55万円〜65万円

上記の通り、弁護士は書類作成から裁判所への出頭まで代理人になることが可能です。一方、司法書士は書類作成しか代理人なることは出来ず、書類の郵送や出頭などは本人が行う必要があります。

その分、司法書士費用が安ければ検討の価値も高いと言えますが、専門家報酬と再生委員報酬も加味すると総額は大きく変わらないのです。

このような点から、手続きが非常に複雑である個人再生は弁護士に一任した方が得策と言えるでしょう。

個人再生の費用が払えない時の対処法

個人再生の費用は安くても50万円以上のお金を準備する必要があることから、個人再生を検討する人にとっては非常に負担が重たいと言えるでしょう。

そこで、個人再生の費用が払えない時の対処法をお伝えしたいと思います。

分割払いまたは後払い対応が可能

法律事務所の支払い方法は「一括払い」「分割払い」「分割後払い」の3つのいずれかを採用しているケースが大半です。

一括払いは、初期費用をまとめて支払いすることから、数十万の現金を用意する必要があります。これは、個人再生を検討する人には非常に負担が重たいと言えるでしょう。

そのため、多くの人は「分割払い」または「後払い」を選択することになります。両者の違いは、個人再生の着手前に支払うか個人再生の着手後に支払うかの違いとなります。

法律事務所と委任契約を締結すると受任通知を債権者に対して送付してくれます。この受任通知を受け取った債権者は、借金の督促や支払いを行うことが出来なくなるのです。

これによって、返済が無くなった依頼者は、一時的に返済分の余裕が生まれます。

分割払いの場合は、この返済の余裕分から報酬を分割で支払っていき初期費用分を納め終わった段階で個人再生に着手してもらえます。一方、分割後払いの場合は、委任契約し受任通知を送付したらすぐに個人再生に着手してもらえます。

一般的には「すぐに個人再生を行い1日も早く借金を減額したい」と考えていることでしょうから後払いの方がおすすめと言えます。

借金の返済と専門家報酬は同時に発生しない

個人再生によって借金を減額した後は、「借金の返済」と「専門報酬(報奨金)の支払い」を行う必要があります。

その際、弁護士は無理のない返済計画を債務者と一緒に立ててくれますので、先に弁護士報酬を支払い終えてから返済がスタートできるように裁判所と調整をしてくれるのです。

無理のない返済計画を立ててくれる

仮に、毎月の返済可能金額が10万円/月だった場合に、個人再生によって8万円/月まで減額できたとします。一方、弁護士報酬が毎月3万円発生することから同時に返済を行うと毎月11万円の支払いが必要になります。

これでは、債務者も支払いが滞ることから、先に弁護士報酬を支払ってから個人再生の返済がスタートできるように裁判所と調整を行なってくれる。という訳です。

弁護士が債務者と一緒に無理のない返済計画を立ててくれることから、費用面の不安は緩和することが出来るでしょう。

個人再生の弁護士費用を徹底比較

ここまで個人再生の費用相場をお伝えしてきましたが、実際にどの法律事務所に依頼したら良いか分からない。という人も多いことでしょう。また、個人再生は手続きが非常に複雑であるため、料金だけでなく実績面も含めて検討する必要があります。

個人再生を得意にする弁護士事務所を選ぶためには以下の6つの条件を満たしている必要があります。

個人再生を得意にする弁護士事務所の選び方

出典:2018年版|個人再生の評判が良いおすすめ弁護士事務所を5社まで厳選

上記の6つの条件を満たす「個人再生におすすめしたい弁護士事務所」は以下の5社となります。

*実績:「◎」非常に豊富、「◯」豊富
*支払:「◎」後払い可能、「◯」分割払い可能

<<右にスクロールができます>>

順位 事務所 実績
支払 料金 営業時間
1位 弁護士法人東京ロータス法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:30万円〜
午前7時~午後0時
土日対応可能
2位
名村法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:20万円〜
午前10時~午後6時
土日対応可能
3位
アース法律事務所

着手金:30万円〜
報奨金:0円
午前9時〜18時
土日休業
4位
弁護士法人サンク総合法律事務所

着手金:40万円〜
報奨金:10万円〜
午前10時~午後6時
土日対応可能
5位 弁護士法人アドバンス

着手金:40万円〜
報奨金:0円
午前9時~午後9時
土日対応可能

1位.弁護士法人東京ロータス法律事務所

  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
  • 土日や夜間も無料相談に対応してくれる
  • 債務整理の料金は相場より低く後払いも可能
  • 匿名相談にもメールや電話で対応してくれる
  • 岡田代表弁護士が率先して対応をしてくれる
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 300,000円〜

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、「朝7時〜24時まで土日も含めて営業している点」や「全国に無料出張してくれる点」など利用者の利便性を追求した法律事務所であると言えます。

個人再生の料金は、着手金と報奨金が30万円ずつと相場並みの料金水準となりますが、後払いが可能になりますので初期費用が準備出来ない人でも個人再生を依頼することが可能になります。

また、全国に”無料”で出張対応を行なってくれるのですが、営業担当者ではなく弁護士が北海道から沖縄まで相談者の元に来てくれる点が非常に評価できます。

個人再生するしかない…」と思い込みをしていた債務者も、実はデメリットの少ない任意整理で解決できる可能性もありますし、時間の掛かる個人再生よりも自己破産で早々に借金を免責した方が良い。などの様々なアドバイスを親身になって対応してくれるでしょう。

昭和41年から債務整理を中心に弁護士業を続けられるのも信頼と実績があるからこそと言えます。信頼のおける弁護士として最もおすすめしたい1社となりますのでぜひ問い合わせをしてみましょう。

2位.名村法律事務所

  • 24時間メール相談を受け付けている
  • 契約するまでは何度でも相談が無料
  • 債務整理の料金がやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 200,000円〜

名村法律事務所は、東大法学部を卒業した名村弁護士が代表を務めており、この道25年の実績を有するベテラン弁護士事務所になります。

個人再生の料金は、着手金30万円〜、報奨金20万円〜とほぼ相場並みの価格設定になっております。支払い方法は分割払いに対応していることからお手元に現金がない人でも契約することが可能です。

もちろん、契約前の相談は無料で対応してくれますし、全国に出張対応もしてくれるのでお住いの地域に関係なく依頼ができるでしょう。

代表弁護士1名と4名の事務員で運営される同事務所は、決して大きな事務所とは言えませんが、土日も予約することで対面相談を受付してくれるなど柔軟性が高い点も非常に評価が出来ます。

3位.アース法律事務所

  • 債務整理の相談が3500件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
  • 元裁判官の弁護士が債務整理を対応
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 300,000円〜
報奨金 0円

アース法律事務所は、これまで3500件を超える債務整理を対応していることから、非常に実績豊富な弁護士事務所と言えます。

また、代表弁護士の河東氏は元裁判官であり民事調停委員も経験していることから債務整理においては「プロ中のプロ」と呼べる存在です。

さらに、個人再生の料金は着手金30万円〜となり減額報酬が発生しないため相場よりも安い価格で依頼が可能になります。

元々、個人再生を得意にする弁護士事務所であることから非常におすすめと言えますが、営業時間が平日に限定される点がネックとなります。

4位.弁護士法人サンク総合法律事務所

  • 月600件以上の債務整理の相談を対応
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 督促を相談後すぐに止めてくれる
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 400,000円〜
報奨金 100,000円〜

弁護士法人サンク総合法律事務所は「月600件も債務整理の相談を受け付けている」点が注目のポイントと言えます。

個人再生は複雑な手続きや裁判所とのやり取りが発生することから、様々なノウハウを有する専門家に依頼する方が有利になることは言うまでもありません。

その点、弁護士法人サンク総合法律事務所は月600件の相談に応じていることから実績やノウハウを心配する必要はないでしょう。

料金相場は着手金が40万円〜と相場よりもやや高い傾向にありますが、報奨金が10万円〜となりますので総費用では相場並みとなります。

また、相談受付は24時間365日対応をしてもらえますが、実際に対面相談が可能な時間は10時〜18時に限定される点がやや利便性に欠けると言えます。

ただし、夜間や土日も予約すれば対応はしてもらえますので大きなデメリットとは言えないでしょう。

それ以上に、弁護士法人サンク総合法律事務所に契約すると「”最短即日”で債権者からの督促を停止」してくれますので精神的に追い詰められている人には重宝される弁護士事務所になります。

5位.弁護士法人アドバンス

  • 契約締結まで何度相談しても完全無料
  • チャットで気軽に相談可能
  • 相場料金よりも安く明瞭会計
  • 丁寧親切な対応は非常に好感が持てる
  • 弁護士報酬が2万円を超える場合は分割可能
料金項目 金額
相談料 0円
着手金 400,000円〜
報奨金 0円

弁護士法人アドバンスは「業界トップクラスの低料金水準に加え明瞭会計」という点が注目のポイントと言えます。

まず、相談料については任意整理の契約を締結するまでは何度相談しても完全無料になります。加えて、着手金が40万円発生するものの報奨金は0円である点がポイントになります。

また、弁護士事務所への問い合わせはメールや電話が一般的ではありますが、弁護士法人アドバンスでは「匿名チャット」で気軽に問い合わせすることができるのもポイントです。

こちらは24時間365日で対応をしてくれますので忙しい人にもおすすめができます。

匿名チャット後の電話相談では、説明も丁寧で分かりやすく利用者の不安を和らげる話し方である点に非常に好感が持てました。そのため、「初めて債務整理をする人」には非常におすすめと言えます。

契約までは料金も一切発生しませんので最初に問い合わせを行いたい弁護士事務所でしょう。

まとめ

個人再生の費用相場について解説を行いました。

個人再生は業務範囲や費用面を考慮しても弁護士に依頼するべきと言えますが、費用は総額50万円〜80万円程度は必要になることでしょう。

とは言え、弁護士費用は分割払いや後払いが可能になりますし、借金の返済と専門家報酬が二重で発生しないように、無理のない返済計画を立ててくれることからそこまで心配する必要はありません。

それ以上に、現在の借金問題を解決できる可能性が高いことから1日も早く専門家に相談することをおすすめします。

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断