任意整理をすると家族カードも使えなくなる?審査や更新時の影響を解説

任意整理

家族カードとは、クレジットカード契約者の家族(配偶者や子供)に発行されるカードになります。

通常、クレジットカードを契約する時、専業主婦や学生など所得が低い人は審査に通りづらいのですが、家族カードであれば契約者さえ審査に通過すれば家族も同様のカードを所有することが出来るのです。

支払いは契約者(本会員)の口座からまとめて引き落としされることになりますので、あくまで審査対象は契約者本人という訳です。

では、仮に妻(専業主婦)が任意整理をした場合に、夫名義で発行される家族カードは引き続き利用できるのか?それとも、利用停止となり夫に迷惑を掛けてしまうのか?気になる疑問を解説したいと思います。

家族カードの仕組み

家族カードとは、クレジットカード契約者の家族(配偶者や子供)に同じカード会社から追加発行されるカードを指しております。あくまで契約者は名義人となりますので配偶者や子供は審査対象に含まれないのが一般的です。

クレジットカードを契約する時に多くのカード会社は「家族カードの所有を推奨している」のですが、これは、カード利用者が多いほど利用額が増加し収益に繋がるためです。

一方、家族カードを利用する私たちにもメリットはあります。

家族カードを所有するメリット

  • 家族がバラバラのクレジットカードを所有するよりも年会費がお得(年会費無料もある)
  • 家族の利用金額も合算してポイントが付与される
  • 配偶者や子供など所得審査に通過出来ない人でもカードを持つことが出来る

家族カードを所有する人は主に上記のメリットを感じて契約することだと思います。実際、家族カードは本カードよりも年会費が安い場合や無料である場合が非常に多くなっております。

また、家族がバラバラに複数のポイントを貯めるよりも一元化してポイントを貯めた方が効率的である。とも言えます。このような理由から家族カードは非常に利便性の高いものであると言えるでしょう。

任意整理をしても家族カードは利用できる可能性が高い

さて、家族カードの必要性は多くの人が感じていることだと思いますので本題に入りたいと思います。

まず、任意整理を含む債務整理の影響は債務者本人のみ。となりますので、仮に妻が任意整理をしても夫が保証人でなければ無関係という扱いになります。

そのため、妻が任意整理をしても夫が任意整理をしていなければ、夫名義で契約してあるクレジットカードは引き続き利用することが可能になります。

従って、夫名義で発行される家族カードに関しても基本的には継続的に利用ができると言えます。

ただし、任意整理後(返済中を含む)に新規発行する場合やカードの更新時期に妻の家族カードが利用停止となる可能性もありますので詳しく解説を行います。

クレジットカードの更新時期に利用停止になる可能性があり

クレジットカードの審査は、個人信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)や所得審査など様々な項目からチェックされることになります。

この審査は契約者(本会員)のみになりますので、家族カードを所有する配偶者や子供の審査は行わないのが一般的と言えます。そのため、本会員から発行された家族カード所有者が任意整理をしても当面は利用できるでしょう。

しかしながら、カードの更新時期はカード会社が個人信用情報機関の事故情報などをチェックすることになりますので、その際、家族カード所有者が任意整理をしている事実を知られてしまうと利用停止となる可能性があります。

これはカード会社によって対応が異なることから一概に全てのカードが利用出来なくなる。という訳ではありませんが、使えなくなる可能性があると理解しておきましょう。

任意整理をした人は家族カードの審査に通過できる?

任意整理後に家族カードを新規作成する場合も「作れる可能性はありますが作れない可能性が高い」と言えます。この場合も同様に、契約者(本会員)だけでなく家族の信用情報を参照されると審査が通過しない可能性が高まります。

ただし、先ほどお伝えしたように家族カードは審査をしない可能性が高いのです。そのため、絶対に作れないという訳ではありません。

とは言え、任意整理をしたことを名義人に内緒にしているような場合は、家族カードの発行でバレる可能性もありますので新規発行は避けておく方が得策でしょう。

カード契約者が任意整理をした場合は家族カードも利用不可

クレジットカード契約者が任意整理をした場合は、当然ながら本カードも家族カードも全て利用停止となります。

未使用のクレジットカードであれば、次回の更新時期までは継続利用が出来る可能性もありますが、時間の問題ですぐに使えなくなります。

このような場合は、クレジットカードの代わりにデビットカードを所有するなどの対策もありますので、詳しくは「任意整理後もクレジットカードは残せる?使えなくなる?気になる疑問を解説」をご参照ください。

まとめ

任意整理をしても次回の更新時期までは家族カードは問題なく利用ができると言えるでしょう。

ただし、更新時期が来た時は、個人信用情報機関の事故情報を参照されてしまい利用停止となる可能性があります。また、新規発行に関しても審査に通過しない可能性があります。

カード会社によって考えは異なりますが、任意整理をしたことを内緒にしている場合は更新や新規発行を行わない方が得策と言えるでしょう。

地域別の法律事務所を探す

北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断