任意整理後もクレジットカードは残せる?使えなくなる?気になる疑問を解説

任意整理

任意整理をした場合、「クレジットカードは使えなくなってしまうのか?」「未使用のクレジットカードであれば債務が無いことから利用できるのではないか?」など多くの人が疑問を抱えていることだと思います。

任意整理をすると個人信用情報機関に事故情報が登録されることになります。その際、クレジットカードにどの程度の影響を与えるのか任意整理をする前に理解しておくことが重要です。

そこで今回は、任意整理後もクレジットカードを残すことが出来るのか?それとも使えなくなってしまうのか?など複数の疑問をまとめて解説したいと思います。

任意整理をするとクレジットカードは使えなくなる

冒頭でもお伝えしたように、任意整理をすると5年間は個人信用情報機関に事故情報が登録されることになりますのでクレジットカードは使えなくなります。

個人信用情報機関名 登録期間
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年

そのため、公共料金や携帯電話などの支払いをカード払いにしている人は、任意整理前に全て口座引振替もしくは現金払いに変更する必要があります。

ちなみに、銀行系の債務を任意整理すると銀行口座が凍結され一定期間は引き落としが出来なくなりますので、その点も合わせて注意してください。

詳しくは「任意整理の期間|和解・返済・制限の3つの期間をまとめて解説」をご参照ください。

任意整理後も未使用のクレジットカードは手元に残せる

ただし、任意整理後も未使用のクレジットカードであれば手元に残せることがあります。そもそも、未使用のクレジットカードは任意整理をすることが出来ないためしばらくの間は引き続き利用が出来るのです。

しかしながら、”時期”に未使用のクレジットカードも使えなくなってしまいます。

時期に未使用のクレジットカードも使えなくなる

クレジットカード会社は、定期的に個人信用情報機関の事故情報を参照しております。

そのため、任意整理後も未使用のクレジッカードは、しばらく使うことが出来るものの、カード会社が事故情報を発見した段階で使えなくなってしまうのです。

クレジットカードの更新もできない

運良く、未使用のクレジットカードが停止されず使い続けることが出来た場合も、カードの更新日には確実に使えなくなってしまいます。

クレジットカードの更新を行う際は、必ずと言って良いほど個人信用情報機関の事故情報を参照することになりますのでほぼ審査に落ちると言えます。

任意整理後はクレジットカードの新規発行もできない

任意整理後にクレジットカードの利用や更新が出来ない。ということは、当然ながらクレジットカードの新規発行も審査に通過することはありません。

そのため、任意整理後にクレジットカードを作りたい場合は、個人信用情報機関から事故情報が削除される5年間を待つか、配偶者などから家族カードを付与してもらう必要があるでしょう。

任意整理は申請者本人のみに影響

ちなみに、任意整理は当事者のみに影響が及びますので、配偶者、両親、子供などはまったく影響を受けることがありません。そのため、夫が任意整理をしても妻がクレジットカードを作ることは可能なのです。

ただし、保証人になっている場合は例外です。

任意整理した借金は、保証人に請求されることになるため、保証人が返済出来ない場合は、同様に任意整理しブラックリストに登録されることになります。

詳しくは「任意整理のデメリット|ブラックリストの期間や家族への影響を解説」にて解説しておりますのでご参照ください。

任意整理後にクレジットカードの代わりとなる物

任意整理後にクレジットカードが使えなくなる。という事は、常に現金を持ち歩く必要があることから様々な面で不便を感じることになるでしょう。

このような場合に、クレジットカードの代わりとなる物がデビットカードになります。

デビットカードは銀行口座と直結しており、使用するとそのまま預金残高から引き落としがされるため、口座残高以上に使用することが出来ないのです。

従って、借金ではありませんので任意整理後も新規発行することが可能になります。最低限の審査はありますが、基本的に審査に落ちることは無いと言えるでしょう。

任意整理後にクレジットカードを作る場合の注意点

さて、任意整理から5年が経過し「ようやくクレジットカードが作れる」と意気揚々とカードが会社に審査を申し込むのは少々危険です。

個人信用情報機関から事故情報が削除される時は、これまでの取引履歴も全て削除されるので信用履歴はまったくの白紙の状態です。

一見、白紙であることは”良いイメージ”がありますが、現代社会において個人信用情報機関に登録される情報が白紙である人は珍しいのです。

と言うのも、クレジットカードの利用履歴、携帯電話の分割払い、ローンの申し込みなどなど、滞納情報だけでなく通常の取引も全て登録されるので白紙であることは非常に珍しいと言えます。

そして、この取引履歴を確認しながら「この人は借りたお金をしっかりと返してくれる人なのか?」という点を審査しているのです。従って、何も情報が無いと「信頼できる人物か判断が出来ない」と言えます。

任意整理後は審査が甘いクレジットカード会社から申し込みする

審査が厳しいクレジットカード会社の場合は、個人信用情報機関に何も情報が無いことを懸念し審査落ちさせる場合があります。

そのため、任意整理後は審査が甘いクレジットカード会社から申し込みを行うべきと言えます。

どこのカード会社がおすすめなのか?と言う点では、審査基準を明確にしているカード会社は存在しませんので断言することはできませんが、専業主婦やフリーターでも審査に通過した実績がある「楽天カード」は審査が甘いと一般的には言われております。

任意整理の対象に含めたカード会社は絶対に避けるべき

注意点としては、任意整理の対象に含めたクレジットカードは5年が経過しても審査に通過することはありません。

先ほどお伝えした「JICC」「CIC」「KSC」の3つの個人信用情報機関とは別に、金融機関は独自のブラックリスト台帳を保有しています。

これは、金融機関が独自に保有するものなので公開はされていないものの、一度でも掲載されてしまうと削除されることはなく一生涯残り続けてしまいます。

そのため、任意整理の対象に楽天カードなど審査の甘いカード会社を含めてしまった場合は、5年経過後も審査に通過することはありません。

このような人は、携帯電話の分割払いなどを行い信用情報を蓄積させた上で任意整理とは関係のないカード会社に申し込みをするようにしましょう。

まとめ

任意整理をすると個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことから、クレジットカードの更新や新規発行が出来なくなります。

一部、例外的に未使用のクレジットカードであれば任意整理後もしばらくの間利用できるケースもありますが、それも時間の問題で時期に使えなくなります。

クレジットカードが無いことが非常に不便と感じる人はデビットカードを活用することで代替えも可能となりますので契約を検討しても良いでしょう。

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断