任意整理はどこがいい?優良法律事務所の選び方とおすすめの事務所を紹介

任意整理

任意整理を検討する際、多くの人が疑問に感じる事の1つに「どこの法律事務所に依頼したら良いのか?」という点になるでしょう。少し調べれば様々な法律事務所が次々に出てくることから、どのような基準で選定するべきなのか判断に迷うと思います。

その際、専門家選びを間違ってしまうと「相場よりも高い料金を支払ってしまった」「借金が思うように減額されなかった」などのトラブルが発生する可能性があります。

そこで今回は、任意整理を専門家に依頼する際の「選び方」と「おすすめの法律事務所」をご紹介したいと思います。

任意整理におすすめな優良法律事務所の選び方

それでは早速、「任意整理を得意にする優良法理事務所はどのように選ぶのか?」と疑問に感じる人に向けて、必ず確認したい7つの項目をお伝えしたいと思います。

任意整理におすすめな優良法律事務所の選び方

  1. 無料相談を受け付けしている
  2. 相場料金よりも安く明瞭会計
  3. 実績が豊富
  4. 営業時間が柔軟
  5. 支払い方法が柔軟
  6. 弁護士と司法書士の違い
  7. 全国から債務整理の相談を受付している

選び方1.無料相談を受け付けしている

通常、法律事務所に債務整理の相談を行うと30分5,000円が相場となっております。従って、複数の事務所を比較するだけでお金をどんどん失ってしまうことから任意整理をする前に破産してしまう可能性が高まります。

そこで、「任意整理の相談が無料である法律事務所に限定」し相談を行うことが重要になります。

その際、相談料無料にも「初回相談無料」と「何度でも相談無料」の2種類がありますので、選び方のポイントは「何度でも相談無料」の事務所から話を聞く。という点です。

初めて、任意整理をする場合、緊張や不安から「聞き漏れ」や「伝え漏れ」などが発生してしまう可能性があります。

そこで、「何度でも相談無料」の法律事務所から話を聞けば、仮に「聞き漏れ」や「伝え漏れ」があったとしても再度無料で相談することが可能になる。という訳です。

選び方2.相場料金よりも安く明瞭会計

法律事務所に任意整理を依頼すると高額な請求がされるかも…」と不安に感じている人も多いと思います。そこでまずは、任意整理の料金相場をお伝えします。

任意整理の料金相場

項目 料金相場
相談料 1時間あたり1万円(最近は初回無料相談も増えている)
着手金 1社2万円〜4万円
基本報酬 1社2万円〜4万円
成功報酬 減額分に対して10%
過払い金報酬 取り戻した金額の20%※過払金が発生した場合のみ
諸費用 1件につき2万円〜3万円の諸費用が発生する

詳しくは「任意整理を弁護士に依頼する場合の料金相場と人気の事務所7選」をご参照ください。

上記の通り、債務整理の料金体系は「着手金」「報奨金」「減額報酬」「その他手数料」の項目に分かれており、「着手金」や「報奨金」は債権者の数で料金が決まり「報奨金」は減額できた金額によって料金が変動します。

また、「その他手数料」は事務手数料や顧客管理手数料など様々な名目で「1社につき2万円〜3万円の費用が発生する事務所」から「実費分のみしか請求しない法律事務所」まで様々です。

法律事務所によって債務整理の費用は大きく異なることから複数社を比較することが大切になります。また、見積書を必ず貰うことで正確な比較が出来ますし、後々の料金トラブルを防ぐことにも繋がります。

とは言え、一般的な法律事務所であれば、減額できる借金以上に任意整理の請求がされるようなことはありませんので、そこまで不安になる必要はないでしょう。

選び方3.実績が豊富

法律事務所選びで「料金」に匹敵するほど重要な要素として「実績」の比較も忘れてはいけません。料金だけを重視し契約をしてしまうと「想定よりも借金が減額されなかった…」というトラブルに発展する可能性があります。

任意整理は依頼した専門家と債権者の交渉によって減額できる金額が決まるため、粘り強く交渉をしてくれる法律事務所の方が結果が出やすいと言えます。そのため、多くの任意整理を経験し債権者に対して強い交渉力を有している法律事務所に依頼することが重要になります。

しかしながら、「実績が豊富な法律事務所を見極めるポイントが分からない」という人も多いと思います。そこで、「評判や口コミ」・「事務所の経歴」・「債務整理の相談件数」の3点からチェックポイントをまとめました。

法律事務所の実績チェック方法

項目 チェックポイント
評判や口コミ 債務整理の実績が多い法律事務所はインターネット上でも多数の口コミを確認することが可能になります。当サイトでも「債務整理の専門家を探す」より事務所別の口コミをチェック出来ますので良し悪しの判断にご活用ください。
事務所の経歴 法律事務所は多数の業務を取り扱っているため、任意整理を得意としているか確認する必要があります。そこで、事務所や専門家の経歴をチェックし任意整理をしっかりとPRしている法律事務所を選定するようにしましょう。
債務整理の件数 法律事務所の実績を確認する方法として最も的確なのが、月間の相談件数の調査と言えます。毎月100件程度を対応している事務所であれば実績が豊富と言えますので相談時に確認するようにしましょう。

上記の3点を総合的に評価し問題がなければ比較検討の候補にすることが理想になります。決して1社のみに限定するのではなく最終的には無料相談を通じて1社に絞り込みを行うことが理想です。

選び方4.営業時間が柔軟

法律事務所の公式サイトを確認すると「24時間受付中」などの表記がされていることだと思います。

これは、「メールでの問い合わせができる」というだけであり、24時間対応で任意整理の相談を行ってくれる訳ではない点に注意が必要です。

実際、任意整理の相談対応をしてくれる時間は、事務所の営業時間に準じるかたちとなりますので、平日9時〜18時までが営業時間となり土日は休業としている法律事務所が大半です。

これでは、平日に時間を作ることが出来ない人は、任意整理の相談がいつまでも出来ないのです。そのため、平日夜間や土日に営業してくれる柔軟性のある法律事務所を選択することが非常に重要になります。

選び方5.支払い方法が柔軟

法律事務所の支払い方法は「一括払い」「分割払い」「分割後払い」の3つのいずれかを採用しているケースが大半です。

一括払いは、初期費用をまとめて支払いすることから、数十万の現金を用意する必要があります。これは、任意整理を検討する人には非常に負担が重たいと言えるでしょう。

そのため、多くの人は「分割払い」または「分割後払い」を選択することになります。両者の違いは、任意整理の着手前に支払うか任意整理の着手後に支払うかの違いとなります。

法律事務所と委任契約を締結すると受任通知を債権者に対して送付してくれます。この受任通知を受け取った債権者は、借金の督促や支払いを行うことが出来なくなるのです。

これによって、返済が無くなった依頼者は、一時的に返済分の余裕が生まれます。

分割払いの場合は、この返済の余裕分から報酬を分割で支払っていき初期費用分を納め終わった段階で任意整理に着手してもらえます。一方、分割後払いの場合は、委任契約し受任通知を送付したらすぐに任意整理に着手してもらえます。

一般的には「すぐに任意整理を行い1日も早く借金を減額したい」と考えていることでしょうから分割後払いの方がおすすめと言えます。

選び方6.弁護士と司法書士の違い

司法書士は1社140万円を超える債務は任意整理の代理人になることが出来ません。一方、弁護士の場合は、債務額に上限なく任意整理をすることが可能になるのです。

そのため、1社140万円を超える債務を抱えている場合は、そもそも司法書士に依頼することが出来なくなりますので弁護士に相談するようにしましょう。

誤解しやすいポイントは「1社」という点になります。

例えば、A社から70万円、B社から100万円の総額170万円の債務を抱えている場合、1社140万円の基準に達していないため司法書士でも任意整理が可能になるのです。

また、司法書士の訴訟代理権は「簡易裁判所」までしか有しておらず、交渉が難航し「地方裁判所」まで進展する場合は、司法書士から弁護士に再契約する必要が出てきます。その際のデメリットは、司法書士と弁護士双方の費用が発生してしまう点になります。

しかしながら、債権者も任意整理を認めた方が控訴するよりもお得であるケースが多く”わざわざ”時間と費用を掛けて控訴しないのが一般的です。

債務額や悪質性によって、結果は異なりますが頻発するケースでもないのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

選び方7.全国から債務整理の相談を受付している

ここまで任意整理におすすめな法律事務所の条件をお伝えしてきましたが、上記を全て満たす法律事務所を1つ1つ探すのは現実的ではないと言えるでしょう。

とは言え、優良法律事務所を探すためには必須な作業とも言えます。そこで、優良法律事務所を効率的に探す方法として「全国から任意整理の相談を受付している法律事務所」に絞り込みをすると良いと言えます。

全国から任意整理の相談を受付するためには、まず前提として、相場料金に合わせることが最低条件になります。また、多数の案件に対応するため人員も豊富に抱えている必要があります。

これによって、柔軟な営業時間を確保することが出来ますし、案件が増加すれば実績も豊富になります。加えて、悪評は事務所運営において致命傷となりますのでサービスも含めてしっかりと対応してくれる法律事務所が多い。という傾向があります。

結論、全国の任意整理に対応できる法律事務所は「相当な経営努力をしており信頼ができる」と言えます。

任意整理はどこがいい?おすすめな弁護士事務所

さて、任意整理におすすめな優良法律事務所の選び方をお伝えさせて頂きましたが、ここからは、7つの選び方を満たしたおすすめな弁護士事務所をご紹介したいと思います。

おすすめな弁護士事務所1位.弁護士法人東京ロータス

  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
  • 土日や夜間も無料相談に対応してくれる
  • 債務整理の料金は相場より低く後払いも可能
  • 匿名相談にもメールや電話で対応してくれる
  • 岡田代表弁護士が率先して対応をしてくれる
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10%
個人再生 30万円 30万円 0円
自己破産 20万円 20万円 0円
過払い金 0円 0円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料5,000円/件が発生
※個人再生:事務手数料50,000円/件が発生、住宅ローン特則がある場合は10万円加算
※自己破産:事務手数料50,000円/件が発生、管財事件の場合は20万円〜
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな弁護士事務所2位.弁護士法人アドバンス

  • 契約締結まで何度相談しても完全無料
  • チャットで気軽に相談可能
  • 相場料金よりも安く明瞭会計
  • 丁寧親切な対応は非常に好感が持てる
  • 弁護士報酬が2万円を超える場合は分割可能
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 4万円/件 0円 10%
個人再生 40万円 0円 0円
自己破産 40万円 0円 0円
過払い金 0円 4万円/件 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:再生委員への報酬15万円発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が20万円発生、別途実費が発生する可能性あり
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな弁護士事務所3位.名村法律事務所

  • 24時間メール相談を受け付けている
  • 契約するまでは何度でも相談が無料
  • 債務整理の料金がやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10%
個人再生 30万円〜 20万円〜 0円
自己破産 20万円〜 20万円〜 0円
過払い金 0円 0円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が1社5,000円発生
※個人再生:事務手数料が1社5,000円発生,再生委員報酬が別途発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生と事務手数料が発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな弁護士事務所4位.弁護士法人サンク総合法律事務所

  • 月600件以上の債務整理の相談を対応
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 督促を相談後すぐに止めてくれる
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 4.98万円/件 1.98万円/件 10%
個人再生 40万円 10万円 0円
自己破産 同時:30万円
管財:40万円
同時:10万円
管財:10万円
0円
過払い金 0円 1.98万円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり、住宅ローン特則がある場合は10万円加算
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな弁護士事務所5位.イストワール法律事務所

  • 債務整理の実績が2万件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 実績が豊富な弁護士が多数在籍している
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 3万円/件 1.6万円/件 9.5%
個人再生 住宅無:20万円
住宅有:30万円
住宅無:17万円
住宅
有:16万円
1万円/社
自己破産 同時:20万円
管財:30万円
同時:17万円
管財:16万円
1万円/社
過払い金 0円 交渉:回収額19.5%
訴訟:回収額24.5%
減額分9.5%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな弁護士事務所6位.アース法律事務所

  • 債務整理の相談が3500件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
  • 元裁判官の弁護士が債務整理を対応
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10.8%
個人再生 住宅無:30万円
住宅有:40万円
0円 0円
自己破産 同時:30万円
管財:40万円
0円 調査中
過払い金 0円 0円 減額分21.6%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

任意整理はどこがいい?おすすめな司法書士事務所

続いて、おすすめな司法書士事務所をご紹介します。

おすすめな司法書士事務所1位.はたの法務事務所

  • 相談料無料で24時間365日対応
  • 業界トップクラスの低料金
  • 分割後払いで支払いが可能
  • 全国に無料で出張対応している
  • 35年10万件以上の実績を保有
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 0円 10%
個人再生 35万円 0円 0円
自己破産 同時:30万円
管財:50万円
0円 0円
過払い金 0円 0円 回収額20%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:再生委員の報酬が別途20万円程度発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が発生、別途実費が発生する可能性あり
※過払い金:事務手数料が別途発生する可能性あり

おすすめな司法書士事務所2位.新大阪法務司法書士事務所

  • 業界トップクラスの低料金水準
  • 女性専用の相談窓口を用意している
  • 分割・後払いに対応している
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 0円 2万円/件 10%
個人再生 問い合わせ 35万円〜 0円
自己破産 問い合わせ 25万円 0円
過払い金 0円 2万円/件 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり、住宅ローン特則がある場合は追加費用発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が発生、別途実費が発生する可能性あり
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめな司法書士事務所3位.アース司法書士事務所

  • 業界最安値で債務整理が可能な事務所
  • 成功報酬が発生しないため明瞭会計
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 迅速丁寧な対応で口コミの評価が高い
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2.7万円 0円 0円
個人再生 30万円 0円 0円
自己破産 同時:25万円
管財:30万円
0円 0円
過払い金 0円 0円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり、住宅ローン特則がある場合は35万円
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が発生、別途実費が発生する可能性あり
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

 まとめ

任意整理はどこがいい?と悩む方に向けて、優良法律事務所の選び方とおすすめの法律事務所をご紹介させて頂きました。改めて選び方のポイントを整理すると以下の7点を満たしていることが理想になります。

任意整理におすすめな優良法律事務所の選び方

  1. 無料相談を受け付けしている
  2. 相場料金よりも安く明瞭会計
  3. 実績が豊富
  4. 営業時間が柔軟
  5. 支払い方法が柔軟
  6. 弁護士と司法書士の違い
  7. 全国から債務整理の相談を受付している

自分に合った法律事務所を選ぶことが最もお得に借金を減額することに繋がりますのでしっかりと比較検討をするようにしましょう。

優良法律事務所を見つけるためには、最低3社ほどは問い合わせをして頂き話を聞くことがおすすめと言えます。

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断