任意整理を弁護士に依頼する場合の料金相場と人気の事務所7選

任意整理

任意整理を行う際にあなたの借金問題の強い味方となってくれるのが弁護士です。弁護士と聞くと「裁判の時に登場する人で馴染みもなく怖いイメージがある」という人も多いことだと思います。

しかしながら、弁護士は法律のプロとして「借金問題」「慰謝料問題」「示談交渉」など私たちの日常を法務面から支える活動の方がメインと言っても良いのです。

従って、恐怖を感じる必要はなく、率直に現在の借金について相談すれば真摯に対応をしてくれるでしょう。

とは言え、「任意整理において弁護士を介在させるメリットはあるのか?」「料金はいくら発生するのか?」など、気になる点も多々あることでしょう。そこで今回は、任意整理を弁護士に依頼する前に知っておくべき知識と人気の事務所をご紹介したいと思います。

任意整理を弁護士に依頼するメリット

任意整理は弁護士だけでなく司法書士にも依頼することが可能になります。そのため、弁護士と司法書士の違いを踏まえ、任意整理を弁護士に依頼するメリットをお伝えしたいと思います。

ただその前に、司法書士が債務整理の相談が受付できるようになった背景をお伝えしたいと思います。

本来、法律相談は弁護士のみに許された専売特許だったのですが、法律相談をより一般化させることを目的に2003年司法書士法が改正されました。

本改正によって、法務省の認定を受けた認定司法書士に限り「示談交渉件」と「簡易裁判所代理権」が認められたのです。

しかしながら、司法書士が任意整理をする場合は、「債務額1社140万円までしか代理人になれない」ことや「訴訟代理権が簡易裁判所までしか認められていない」という違いがありますので詳しく解説を行います。

債務額に関係なく任意整理の対応が可能

司法書士は1社140万円を超える債務は任意整理の代理人になることが出来ません。一方、弁護士の場合は、債務額に上限なく任意整理をすることが可能になるのです。

そのため、1社140万円を超える債務を抱えている場合は、そもそも司法書士に依頼することが出来なくなりますので弁護士に相談するようにしましょう。

誤解しやすいポイントは「1社」という点になります。

例えば、A社から80万円、B社から90万円の総額170万円の債務を抱えている場合、1社140万円の基準に達していないため司法書士でも任意整理が可能になるのです。

訴訟代理権の制約を受けない

任意整理はあなたの代理人となる弁護士または司法書士が債権者と交渉し減額できる金額が決定します。その際、専門家と債権者の交渉がもつれてしまい示談では決着しないと「簡易裁判所」にて争うことになります。

おおよその場合は「簡易裁判所」で双方が合意する金額で着地するのですが、稀に「地方裁判所」まで事態が発展してしまうことがあります。

こうなると、司法書士は簡易裁判所までしか「訴訟代理権」を有していないため地方裁判所の訴訟を扱うことが出来ません。

従って、地方裁判所に移った場合は、司法書士から弁護士に切り替え依頼をしなければなりませんが、デメリットは司法書士と弁護士双方の費用が発生してしまう点になります。

そのため、着実に任意整理を進めたい人は、弁護士に依頼をした方が確実であると言えます。

しかしながら、債権者も任意整理を認めた方が控訴するよりもお得であるケースが多く”わざわざ”時間と費用を掛けて控訴しないのが一般的です。

債務額や悪質性によって、結果は異なりますが頻発するケースでもないのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

任意整理を弁護士に依頼するデメリット

任意整理を弁護士に依頼する場合、デメリットと言えるのは「司法書士よりも任意整理の料金が高い」という点になります。

これは、業界全体で司法書士と弁護士の料金を比較すると大きな差はないのですが、任意整理を得意とする有名司法書士事務所の中には、価格が非常に安く実績が豊富な事務所が存在しているのです。

代表的な事務所をご紹介すると「はたの法務事務所」、「新大阪法務司法書士事務所」、「アース司法書士事務所」などが有名と言えるでしょう。

そのため、1社あたりの借金が140万円を超えていない場合は弁護士に固執することなく司法書士も含めて検討した方が良い場合もあります。その際は、以下より自分に合った法律事務所を見つけるようにしましょう。

地域別の法律事務所を探す

北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

任意整理を弁護士に依頼した場合の料金相場

さて、司法書士よりも料金が高いとお伝えしましたが、実際にどの程度の料金が発生するのか任意整理の料金相場お伝えしたいと思います。任意整理の料金体系は「相談料」「着手金」「報奨金」「減額報酬」「過払金」「実費」の6つの項目で成り立っております。

相談料は「初回無料」または「契約するまで何度でも無料」のどちらかであるケースが多いと言えます。

また、弁護士事務所によっては、「着手金」「報奨金」「減額報酬」のいずれかが無料であるケースもありますので相場料金だけでなく、個々の法律事務所をしっかりと比較することが大切でしょう。

任意整理の費用相場

  • 相談料:0円(事務所によっては30分5,000円)
  • 着手金:20,000円/社〜40,000円/社
  • 報奨金:20,000円/社〜40,000円/社
  • 減額報酬:減額できた金額に対して10%
  • 過払い金報酬:返還できた金額に対して20%
  • その他実費:実費分〜3万円/社

上記の料金相場を基準に、任意整理の費用をシミュレーションしてみましょう。

*シミュレーションは3社から借金をしており80万円の減額が出来たと仮定します。

任意整理の料金を相場から算出

  • 相談料:0円(事務所によっては30分5,000円)
  • 着手金:60,000円〜120,000円
  • 報奨金:60,000円〜120,000円
  • 減額報酬:80,000円
  • その他実費:10,000円

任意整理の費用:21万円〜33万円

上記の通り、3社からの借金を80万円減額出来た場合は、おおよそ20万円〜30万円程度の費用が発生すると言えるでしょう。「え、こんなに費用が準備できない…」という人もご安心ください。

本記事では相場料金よりも安く「分割払い」または「後払い」ができる弁護士事務所をご紹介しておりますのでご確認頂ければと思います。

任意整理を得意とする弁護士事務所の選び方

弁護士に任意整理を依頼するメリットやデメリット、任意整理の料金相場についてお伝えさせていただきましたが、「どの弁護士事務所に依頼したら良いのか?」「どのような基準で良し悪しを判断するのか?」疑問に感じている人も多いでしょう。

そこで、任意整理を得意とする弁護士事務所の選び方をお伝えしたいと思います。

任意整理を得意にする法律事務所の選び方

  1. 無料相談に対応していること(複数社を比較するため)
  2. 料金が相場より安く見積もりを提示してくれること
  3. 実績が豊富にあること
  4. 営業時間が柔軟であること
  5. 全国から任意整理の案件を受付していること

上記の5点を満たす弁護士事務所を見つけることが非常に重要になりますが、全国の弁護士事務所を1つ1つ探すのも非常に骨が折れる作業と言えます。

そこで、任意整理を得意とする人気の弁護士事務所をご紹介したいと思います。

任意整理を得意とする人気の弁護士事務所7選

それでは、任意整理を得意とする人気の弁護士事務所をご紹介したいと思います。

おすすめ1位.弁護士法人東京ロータス

  • 全国対応が可能で出張もしてくれる
  • 土日や夜間も無料相談に対応してくれる
  • 債務整理の料金は相場より低く後払いも可能
  • 匿名相談にもメールや電話で対応してくれる
  • 岡田代表弁護士が率先して対応をしてくれる
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10%
個人再生 30万円 30万円 0円
自己破産 20万円 20万円 0円
過払い金 0円 0円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料5,000円/件が発生
※個人再生:事務手数料50,000円/件が発生、住宅ローン特則がある場合は10万円加算
※自己破産:事務手数料50,000円/件が発生、管財事件の場合は20万円〜
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ2位.弁護士法人アドバンス

  • 契約締結まで何度相談しても完全無料
  • チャットで気軽に相談可能
  • 相場料金よりも安く明瞭会計
  • 丁寧親切な対応は非常に好感が持てる
  • 弁護士報酬が2万円を超える場合は分割可能
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 4万円/件 0円 10%
個人再生 40万円 0円 0円
自己破産 40万円 0円 0円
過払い金 0円 4万円/件 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:再生委員への報酬15万円発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が20万円発生、別途実費が発生する可能性あり
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ3位.名村法律事務所

  • 24時間メール相談を受け付けている
  • 契約するまでは何度でも相談が無料
  • 債務整理の料金がやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10%
個人再生 30万円〜 20万円〜 0円
自己破産 20万円〜 20万円〜 0円
過払い金 0円 0円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が1社5,000円発生
※個人再生:事務手数料が1社5,000円発生,再生委員報酬が別途発生
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生と事務手数料が発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ4位.弁護士法人サンク総合法律事務所

  • 月600件以上の債務整理の相談を対応
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 督促を相談後すぐに止めてくれる
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 4.98万円/件 1.98万円/件 10%
個人再生 40万円 10万円 0円
自己破産 同時:30万円
管財:40万円
同時:10万円
管財:10万円
0円
過払い金 0円 1.98万円 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり、住宅ローン特則がある場合は10万円加算
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ5位.イストワール法律事務所

  • 債務整理の実績が2万件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 分割払いに対応している
  • 実績が豊富な弁護士が多数在籍している
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 3万円/件 1.6万円/件 9.5%
個人再生 住宅無:20万円
住宅有:30万円
住宅無:17万円
住宅
有:16万円
1万円/社
自己破産 同時:20万円
管財:30万円
同時:17万円
管財:16万円
1万円/社
過払い金 0円 交渉:回収額19.5%
訴訟:回収額24.5%
減額分9.5%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ6位.アース法律事務所

  • 債務整理の相談が3500件を超える
  • 24時間年中無休で無料相談を受付
  • 債務整理の料金が相場よりもやや安い
  • 全国の債務整理に対応(出張あり)
  • 元裁判官の弁護士が債務整理を対応
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 2万円/件 2万円/件 10.8%
個人再生 住宅無:30万円
住宅有:40万円
0円 0円
自己破産 同時:30万円
管財:40万円
0円 調査中
過払い金 0円 0円 減額分21.6%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:別途実費が発生する可能性あり
※自己破産:管財事件の場合は管財人報酬が別途発生
※過払い金:別途実費が発生する可能性あり

おすすめ7位.Duelパートナー法律事務所

  • 債務整理とヤミ金対応が得意
  • 代表弁護士はヤミ金対応30年の実績
  • 24時間365日受付で借金相談が可能
  • 費用の分割払いが可能なため安心
  • 全国対応可能なのでエリアの制限がない
債務整理 着手金 報奨金 減額報酬
任意整理 5万円/件 2万円/件 10%
個人再生 調査中 調査中 調査中
自己破産 調査中 調査中 調査中
過払い金 調査中 調査中 交渉:回収額20%
訴訟:回収額25%

※任意整理:事務手数料が別途発生する可能性あり
※個人再生:公式サイトに情報が掲載されていないため調査中
※自己破産:公式サイトに情報が掲載されていないため調査中
※過払い金:公式サイトに情報が掲載されていないため調査中

任意整理の料金が安い順にランキング

ここまで、任意整理を得意とする人気弁護士事務所をご紹介しましたが「やはり料金を最も重要視したい」という人に向けて、仮定の条件から安い順にランキングを作成させて頂きました。

比較条件の定義

  • 債務整理の種類:任意整理
  • 借り入れ企業数:5社
  • 借り入れ借金額:250万円
  • 減額後の借金額:120万円(130万円の減額に成功)
法律事務所一覧 支払い方法 着手金 報奨金
減額報酬 その他 合計
弁護士法人アドバンス
¥200,000
¥0
¥130,000
¥0
¥330,000
アース法律事務所

¥100,000
¥100,000
¥140,400
¥3,000
¥343,400
イストワール法律事務所
¥150,000
¥80,000
¥123,500
¥0
¥353,500
弁護士法人東京ロータス法律事務所 ¥100,000
¥100,000
¥130,000
¥25,000
¥355,000
名村法律事務所
¥125,000 ¥100,000 ¥130,000 ¥25,000 ¥380,000
弁護士法人サンク総合法律事務所
¥249,000
¥95,000
¥130,000
¥0
¥474,000
Duelパートナー法律事務所 ¥250,000
¥100,000
¥130,000
¥0
¥480,000

弁護士事務所の中では、「弁護士法人アドバンス」が最も料金が安い結果となりましたが、分割払いのみに対応しているため、実際に任意整理に着手してもらえるのは初期費用の支払い完了後となります。(おおよそ6ヶ月後程度)

*弁護士に任意整理の依頼をすると、受任通知を債権者に送付するため借金の督促や支払いは停止します。そのため、初期費用が準備できない場合も、借金の返済分を分割で弁護士事務所に支払うことができるため任意整理の着手が遅れるだけで契約は可能になります。

一方、「すぐに任意整理をして欲しい」という人は、料金が相場より安く後払いが可能な「弁護士法人東京ロータス法律事務所」がおすすめです。

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、「実績・料金・支払い方法」のバランスが取れており全国に無料で出張も行なってくれることから安心して依頼ができるでしょう。

まとめ

任意整理を弁護士に依頼する場合の料金相場と人気の弁護士事務所を7つご紹介させて頂きました。

弁護士に任意整理を依頼するメリットは、債務額に関係なく代理人になれる点と訴訟代理権を最高裁まで有している点が挙げられます。

従って、借金が1社あたり140万円未満の場合は弁護士だけでなく司法書士も含めて検討すると良いでしょう。

その際は、「2018年版|任意整理におすすめな弁護士と司法書士事務所14選」をご参照頂き弁護士と司法書士を比較することをおすすめします。

あなたの借金がゼロになるかも!?

借金がいくら減額できるか無料で診断